黒鯛烈士

和歌山発 黒鯛(チヌ)ふかせ釣り釣行記(^^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
No 178
※ 釣行日 2016 1月16日 和歌山市 雑賀崎双子島(エゴ)   7:00~ 8:00
                                    (ウノクソ)  8:30~13:00


新年明けまして おめでとうございます 
           今年も宜しくお願い致します   って、、 遅っ!


//////////////////////


今年の竿初めです

今回の釣行も  お手軽沖磯雑賀崎です。。  代わり映えしませんな (~o~ はは

渡船場到着は6:00  先客は1名 もぅ既に渡礁している
自分が2番手
船長 『今日は 何処に乗るんない? ウノクソ?』
自分 (名礁?イサギ と言いたい所だが 本日は晴天&風3m&波1m
     釣り客は混み出すに違いない イサギは、かち合うだろう) ← 心の声
自分 『エゴの高場にするわ』

P1020939.jpg

エゴに到着するが
何故か磯際はえらい白波が立っている (薄暗い中でも解かる程)
自分 『船長~ 天気予報に反して 何や波 有るなぁ』
船長 『これくらいやったら どうもないわ』
そうかなぁ? と思いながらも渡礁

毎度の 
オエ~っと えづきながら (しんどい) のコマセ(撒き餌)作りも 波しぶきを被る始末

P1020947.jpg

竿出しは 7:00前
『海の神様女神様 今年も宜しくお願いします』と 今年の 弟1投(^^
うわぉ( ̄ロ ̄|||)なんと!? 
ウネリ?と波のせいで 00号の仕掛けはぐでんぐでん 留まる所を知らない
(写真では穏やかそうに見えますけどね)
これはアカン と釣り座左側の穏やかなワンド狙いに変更
せっかくの潮通しの良い双子島先端なのに ワンド狙いか・・・(+o+

ですが
付け餌の生オキアミは取られたり かじられたりしている
活性は好いのね
と 打ち返していると 好い当たり!♪
竿は ひん曲がり 
自分 『これはデカイ デカイ デカイ 重たいー』
しかし 竿を叩くでもなく 走り回るでもなく
ただただ 重いまま磯際をズズズズズ~~
自分 『これは、、、はあぁ カンダイやな(~o~ 』
そうこうしている内に ブッスン~と軽く成り バラシっ! ┐(~ー~;)┌

気を取り直し 打ち返すも ウネリと波が尋常ではない 洗濯機状態~
これはもぅ アカンと8:00 船長に瀬代わりを依頼
船長は快く承諾してくれます(^^ 流石です

船長 『何処へ行く?』
自分 『南側は何処か空いてます?』
船長 『今日はアンさん入れて3人だけやさかい 何処でも空いちゃあら』
自分 『(゚ロ゚;)エェッ!? 空いてんの? 3人? ほいたら イサギ』
船長 『イサギは乗っちゃあるわ』

(あはは 今日は自分の予想に反して空いていたのか(~o~ 
 しょっぱなにイサギに渡礁しとけば良かったな ) ← 心の声

余談ではありますが
この 『何々しとけば良かった』 と言うのは 
日本男児として一番情けない表現!  男の恥! ( ̄へ  ̄ 凸
『そう思うのなら 初めからしとけ』 という事
何事に関しても言える事です。   気を付けましょう! 

自分 『じゃ、、、  ウノクソ』
船長 『空いてるでぇ』

P1020963.jpg

アァ- 毎度のウノクソ。。 落ち着きます 
8:30 仕切り直しです
ここでもウネリと波は厳しいですが エゴ程では有りません

沖潮 (本流?) は左から右へと流れ
際も同じ様に流れています
エゴよりは 流しやすい感じなので 00号仕掛けのまま 再開です

こちらでも刺し餌は取られます
ウキに反応も確認出来ますが 魚は乗りません
ならばと 9:30頃かな ハリスにジンタンG7を追加し
そのまま 流して行くと右側ワンドからの払い出しと潮がぶつかる辺りで
沈もらせているウキがシュボーっ

竿をガンガンと叩きます w(゚o゚)w オオー! 黒鯛? 
直後 鋭い突っ込み そして走り回る シツコイ~ ・・・ はあぁ
・・・ 例のお方ですね ┐(~ー~;)┌

P1020953.jpg


P1020948.jpg

やはり ボラ、、でした  64センチ

その後も 
30分おき位に フグと でかいボラばかりが掛かり 腕が疲れてしまいました(~o~

しばしの休憩後
前回 味を占めた 層決め釣法をセッティング
久し振りのウキB 
道糸にガン球B ハリスの針上20cm位にガン球G4を打ち 層2ヒロ半で再開
ウキはシブシブ状態で流れて行きます 些細な当たりも取れます^^

例の如く
当たりは出るが 魚は乗らない状態が続きますが 根気良く打ち返して行きます

すると ウキがフヨフヨ~ スススーと2段階のしもり方
合わせを入れると ズンっ!
直後に ガンガンと竿を叩く引き 
『あぁ~ またまたボラかな?』 と 遣り取りを始めるが
ボラ特有の鋭い突っ込みや横走りは無く 竿を叩くのみ^^
『おお 黒鯛っぽいぞー チヌっぽいぞー チヌとちゃうん~ 来てくれたかなぁ~』

P1020967.jpg

来ました 37センチのチヌでした^^

黒鯛は底付近 ってのが定説ですが、、 そうとは限らないのねぇ^^
真冬でも浮くのね

で、 単純な自分は1枚出れば満足してしまいますので
その後は 
竿を出しながらも ノ~ンビリと飲食やら景色鑑賞やら磯掃除やらと楽しみ
13:00 納竿としました

P1020969.jpg

しかし まぁ
この1匹が出るのと出ないのとでは 帰宅後の酒の味が全く違いますよね
ヾ(*´∀`*)ノアハハ!

また来月 来ます。  ヨロシク^^



今日の釣果  黒鯛       37センチ
          ぼら       64センチまで  3匹
          ふぐ       28センチまで  4匹



にほんブログ村 釣りブログへ  にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
  
黒鯛記録55cm   黒鯛通算152枚   キビレ通算25枚


※ PS
今回も 黒鯛が釣れたのは 潮止まり付近だったと思います
潮なんか どうでも良えんかぁ~?

注意  雑賀崎一円は 2月7日~11日までは旧正月でお休みです
スポンサーサイト
2016/01/17(日) 20:13:17 | 黒鯛(チヌ) | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。